スポンサードリンク
Home >> - >> スポンサーサイト
Page: 1/1   

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

スポンサードリンク | - | - | pookmark | category:-
Home >> スポーツ >> 村上佳菜子フィギュアスケート世界選手権で優勝

村上佳菜子フィギュアスケート世界選手権で優勝

 21日に東京・国立代々木競技場で開幕予定のフィギュアスケートの
世界選手権代表で、女子の村上佳菜子(愛知・中京大中京高)が13日、
名古屋市ガイシプラザで行われた愛知県選手権最終日に出場、
フリーでほぼミスのない演技を見せて1位となり、
ショートプログラム(SP)との合計194・31点で優勝した。

 東日本大震災の影響で世界選手権の開催に懸念がある中で、
村上は「しっかりといい演技をして頑張りたい」と話した。
また地震の被災地について「いま、すごくつらいと思う。
もし開催されたら、自分の演技を見て元気を出してもらえたら」と気遣った。



真也〜しんや | - | trackbacks(0) | pookmark | category:スポーツ
Home >> スポーツ >> 長谷川穂積選手と山下智久が舞台挨拶

長谷川穂積選手と山下智久が舞台挨拶

 伝説の人気マンガの映画化「あしたのジョー」(曽利文彦監督、11日公開)
の試写会が4日、大阪市中央区のTOHOシネマズなんばで行われ、
舞台あいさつで主人公・矢吹丈役のNEWS・山下智久(25)と
プロボクシングWBC世界フェザー級王者、
長谷川穂積選手(30)の両雄が並び立った。

現役最強チャンプの登壇に山Pら出演陣は大興奮。
「この映画やって良かったぁ〜」と心から歓喜の声を上げた。


 昭和40年代に社会現象を巻き起こしたマンガの中の無冠の帝王ジョーと、
2階級を制したリアル世界王者の対面に熱くなったのは、
大阪・難波の観客よりも俳優陣の方だった。

 山Pと穂積は先月13日、神戸の真正ジムで行われた毎日テレビ「せやねん」
(5日放送)の収録で初対面。その際、山Pからこの日の“共演”をお願いし、
穂積も快諾して実現した。

 WBC世界フェザー級の緑のベルトを肩にかけて登壇した
穂積は山Pの演じた矢吹丈について、「最初にワンツー(パンチ)を見て
『これはホントに練習したんだな』とわかった。

簡単に見えて難しいのに、見とれるぐらいきれいなパンチでした」と合格点。

 力石徹役のため、10キロの減量をやり遂げた伊勢谷友介(34)にも
「あの減量した体を見て、感動で泣きそうになった。

プロでもあそこまでしぼった選手は見たことない」と、
役者根性に感嘆の声を上げた。

 思わぬ賛辞に山Pは「感動と感謝の一言。
あしたのジョー、ありがとう」と大喜び

現役チャンプのお墨付きは、
クールなイメージで知られる伊勢谷をも饒舌にさせた。


真也〜しんや | - | trackbacks(0) | pookmark | category:スポーツ
Home >> スポーツ >> 井岡一翔 世界視野に日本ライトフライ級王座返上

井岡一翔 世界視野に日本ライトフライ級王座返上

井岡一翔「初冠」12・23にも世界へ


ボクシングの日本ライトフライ級王者、井岡一翔(井岡)が
世界挑戦に備えるため、王座を返上した。


20日にあった日本ボクシングコミッション(JBC)の
ランキング委員会で報告され、15日付で手続きが取られた。

10月に日本タイトルを獲得した井岡は、
国内最速となるプロデビュー7戦目での世界王座獲得を 目指している。


練習にうちこむ井岡一翔

真也〜しんや | - | trackbacks(0) | pookmark | category:スポーツ
Home >> スポーツ >> ソフトバンク和田毅投手来季年俸3億3000万円でサイン

ソフトバンク和田毅投手来季年俸3億3000万円でサイン

 パ・リーグの最優秀選手(MVP)に輝いたソフトバンクの
和田毅投手(29)が11日、福岡市のヤフードーム内で契約更改交渉し、
1億2千万円増の年俸3億3千万円でサインした。

昨季は左ひじ痛に悩まされて過去最低の4勝だったが、
今季は自己最多を三つ更新する17勝(8敗)で最多勝に輝き
7年ぶりのリーグ制覇に貢献。

左腕は「自分でもびっくりするような年になりました」と話した。

通算100勝にあと9勝の和田は順調にいけば来季中に
海外フリーエージェント(FA)資格の取得条件を満たすことになる。


真也〜しんや | - | trackbacks(0) | pookmark | category:スポーツ
Home >> スポーツ >> 長谷川穂積2階級制覇! 

長谷川穂積2階級制覇! 

 世界ボクシング評議会(WBC)のダブルタイトルマッチ各12回戦が26日
名古屋市・日本ガイシホールで行われ、世長谷川穂積が世界王者に就いた。


フェザー級王座決定戦はバンタム級前王者でフェザー級2位、
長谷川穂積(29)が同級1位、フアンカルロス・ブルゴス(22)
メキシコ を3−0の判定で破り、
4月の王座陥落から再起を果たすとともに世界2階級制覇を達成。


世界初挑戦のブルゴスは26戦目で初黒星を喫した。







スーパーフェザー級2位で、前フェザー級王者の粟生(あおう)隆寛(26)も、
王者のビタリ・タイベルト(28(独)を3―0の判定で下し、2階級制覇。

日本のジム所属選手の2階級制覇は、粟生が8人目、長谷川が9人目で、

同じ興行で達成したのは国内史上初。

日本のジムに所属する男子の世界王者は6人に増えた。




真也〜しんや | - | trackbacks(0) | pookmark | category:スポーツ