スポンサードリンク
Home >> - >> スポンサーサイト

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

スポンサードリンク | - | - | pookmark | category:-
Home >> 各芸能人詳細プロフィール >> 渡部陽一が戦場カメラマンになった理由

渡部陽一が戦場カメラマンになった理由

 彼が戦場カメラマンとして働くうえでの信条というべきものを掲げています。

それは「戦場報道とは生きて帰ること」が大事であるといっています。
彼はこの言葉を何度も唱え自らを戒めています

次は具体的にカメラマンになったきっかけですが・・

「最初はただピグミー族に会いたかった。」のが理由だそうです。

このあたりは、彼らしいというところでしょうか?

大学一年生の折、生物学の講義でいまだ狩猟生活をおくる人たちがアフリカ中央部
にいることを知り、 その部族はピグミー族(ムブティ族)と呼ばれていました。

平均身長150cmほどの小柄な人達で、上半身裸、弓矢や槍を持ちワニやサルを捕りながら生活をしていると いうことでした。

彼はこの部族に興味を持ちピグミーの話に強烈に引き込まれました。

自分自身でピグミー族に会って話をしてみよう、この目で彼らの存在を確かめてみたい、
と考えた彼はアフリカへ向かう準備を始めました。

そこには取材 者という気概は無く、旅行者としてピグミー族のもとへ出向くつもりでした。

 もちろんカメラマンとしての経験、技量はゼロ、全くの素人そのものでの出発です。

当時、戦場カメラマンになろうという思いは脳裏にはありません。

ただカメ ラで撮影することには興味があり、家族や友人を被写体にすることが
時折ある程度ということでした。


しかしその部族に会うためにはかなりの奥地へ進まなくてはなりません。

「ヒッチハイクでジャングル横断」!

という行動の選択になりました。

ジャングルの中で約2ヶ月の行程をかけなければならず、
徒歩、カヌー、そしてジャングルを抜けるトラックにヒッチハイクさせてもらいながら、
ピグミー族が住む森を目指して奥へ奥へと入り込んでいきました。

そして目的地へ向かう途中ある事件に遭遇します。

突然の銃撃!少年ゲリラとの遭遇!


突然十数人の少年たちが現れました。
少年たちはAK-47カラシニコフという銃をかかえています。
さらに槍や鉈をもっていて裸の上半身には帯状の弾倉の弾を何重にも巻き付けて、
こちらに向かって怒声をあげていました。


1993年当時、ツチ族・フツ族の衝突によるルワンダ内戦がアフリカ中東部のブルンジ、ザイールを巻き込んで拡大していました。ジェノサイドと呼ばれる民族大量虐殺が発生、100万人以上の民間人が犠牲となり、国連の介入もその効力は無いに等しい状態でした。

少年兵たちは、私たちを取り囲み銃尻で撲り続けました。立ち上がれないほどに打ちのめされました。トラックの積荷の塩魚は奪われ、自分の荷物・カメラ機材 も略奪されました。ただ運が良かったのは、こちらから現金を差し出したことで、殺されずにすんだことでした。命を奪われなかったことは幸運以外のなにもの でもありません。


日本からかけ離れたアフリカの森の中で理不尽な行いが繰り返されている。

恐怖と怒りに震えながら、この状況を伝えることができないか、
その方法を模索することとなりました。

彼がだした答えは「戦場カメラマン」でした。

経験の中で深く出会った出来事や印象を受けて何かの
インスピレーションが起こり後々の人生を変えることも
あるわけですね。

詳しい彼の報道写真などはブログやホームページで見れます。

真也〜しんや | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark | category:各芸能人詳細プロフィール
Home >> - >> スポンサーサイト

スポンサーサイト

スポンサードリンク | - | - | pookmark | category:-
Comment








Trackback