スポンサードリンク
Home >> - >> スポンサーサイト

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

スポンサードリンク | - | - | pookmark | category:-
Home >> 東北地方太平洋沖地震ニュース >> たばこ出荷一時停止の可能性30日〜

たばこ出荷一時停止の可能性30日〜

 日本たばこ産業(JT)が決めた30日から12日間にわたる
たばこの一時出荷停止。

4月11日からは数銘柄の出荷は順次再開されるが、
愛煙家にとっては“オレのたばこ”の動向が気になるところ。
一部ブランドをめぐっては、水道水危機のミネラルウオーターに
次ぐ買い占め騒動も懸念されている。

 JTは、たばこ製造工場6工場のうち2工場が被災。
製造能力は約3分の2に落ち込んでいる。タバコの葉の製造工場や包装材、
フィルターなどの製造工場も影響を受け、資材の調達も難しくなった。



このままでは、主要銘柄などで予期せぬ欠品が発生する可能性が出たことから
一時出荷を停止し、供給体制を見直すことにした。

 30日から4月10日まで、全97銘柄のたばこの出荷が停止される。
同11日以降は供給量を25%まで落とし、段階的に銘柄数を回復させる。

5月中旬には「セブンスター」「ハイライト」など主要25銘柄に絞って出荷。

ただ、「キャメル」や「ピアニッシモ」など残り72銘柄については、
出荷再開のめどは立っていないという。

 たばこをめぐっては、昨年10月の増税を目前にした
まとめ買い騒動が記憶に新しい。
ところが「これからまとめ買いする動機は昨年9月末時点の『節約』ではなく、
『自分のたばこがなくなる』という危機感。ミネラルウオーターのような
買い占めがたばこでも起きるのでは」(都内のたばこ店)と心配する声もある。

 極端な「奪い合い」を防ぐため、コンビニ最大手のセブン−イレブンでは、
25日から一部店舗で購入制限を始めた。

一方、ローソンではある程度の在庫があるため通常の販売を続けるという。
現時点で各社の対応はまちまちだ。
真也〜しんや | - | trackbacks(0) | pookmark | category:東北地方太平洋沖地震ニュース
Home >> - >> スポンサーサイト

スポンサーサイト

スポンサードリンク | - | - | pookmark | category:-
Trackback