スポンサードリンク
Home >> - >> スポンサーサイト

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

スポンサードリンク | - | - | pookmark | category:-
Home >> 歌手・バンド >> マイケル・ジャクソン急死事件で専属医無罪主張

マイケル・ジャクソン急死事件で専属医無罪主張

 2009年の米歌手マイケル・ジャクソンさんの急死をめぐり、
過失致死罪に問われた専属医、コンラッド・マーレー被告の予備審理が6日、
米ロサンゼルス郡地裁であった。

弁護側は、ジャクソンさんは死の直前、
経済的に極めて苦しかったため自暴自棄となり、
薬物の無謀な服用で死亡したと主張した。AP通信が伝えた。



同被告は無罪を主張しており、弁護側は、
ジャクソンさんの精神状態が不安定だったことが急死の重要な要因だと指摘。

5月に始まる予定の公判でも、薬を処方したマーレー被告に過失責任はなく、
ジャクソンさんは結果的に自ら死を招いたと訴えるとみられる。

検察側は、弁護側が被告の刑事責任の有無から
陪審員の関心をそらそうとしていると批判した。

真也〜しんや | - | trackbacks(0) | pookmark | category:歌手・バンド
Home >> - >> スポンサーサイト

スポンサーサイト

スポンサードリンク | - | - | pookmark | category:-
Trackback