スポンサードリンク
Home >> - >> スポンサーサイト

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

スポンサードリンク | - | - | pookmark | category:-
Home >> エンターテイメント >> ニンテンドー3DS6歳以下の使用注意喚起 

ニンテンドー3DS6歳以下の使用注意喚起 

 【立体視に制限も】3DS:6歳以下の3D使用注意喚起 JEITAも指摘

任天堂が、裸眼で3D(三次元)映像を楽しめる新たな携帯型ゲーム機
「ニンテンドー3DS」について、6歳以下の子供は3Dでの長時間の使用を控え、
2D(平面)表示にするよう注意喚起していることが4日分かった。

発達段階にある子供の視覚に悪影響を与えないため。

保護者が暗証番号を入力しない限り、3D映像が表示されない制限機能を搭載する。

 3D映像については長時間見続けると、
大人も眼精疲労などの症状が出ることが報告されている。

電子情報技術産業協会(JEITA)などは10年4月、
3D映像機器を家庭で安全に楽しむためのガイドラインをまとめた。

視覚機能が発達段階にある子供に不適切な映像を与えると、
悪影響を及ぼす可能性を指摘した。

特に物を立体的に見る機能は5歳前後に完成するとされ、
この時期に強烈な3D映像を見ないよう「大人が視聴の可否を判断し、
時間制限するのが望ましい」と指導している。

 任天堂は今年2月26日、3DSを発売予定。
これに先立ち千葉市で今月8日から開催する体験会で、
6歳以下の参加者は2D使用に限定することをホームページで告知した。

6歳超の子供についても、映像の立体感を最大から最小の平面表示まで段階
的に調整できる機能を使い、自分に合った画像で遊ぶよう勧めている。

 任天堂は主力の携帯型ゲーム機「ニンテンドーDSシリーズ」や
据え置き型の「Wii(ウィー)」などの販売が伸び悩んだ

ほか、3DSが年末商戦に間に合わず、2月に発売延期したことなどにより、
11年3月期連結最終利益見通しは大幅減。業績回復の切り札として、
3DSは注目されている。


真也〜しんや | - | trackbacks(0) | pookmark | category:エンターテイメント
Home >> - >> スポンサーサイト

スポンサーサイト

スポンサードリンク | - | - | pookmark | category:-
Trackback