スポンサードリンク
Home >> - >> スポンサーサイト
Page: 2/4  << >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

スポンサードリンク | - | - | pookmark | category:-
Home >> テレビ・映画 >> SP岡田、ドラマで公開映画の「前日」描く

SP岡田、ドラマで公開映画の「前日」描く

劇場版「革命篇」の公開を目前に控え、
岡田SPの前日行動がドラマで明らかになる−。

「SP」は2007年11月にフジテレビの連続ドラマとしてスタート。

政府要人を警護する警察官(SP)の活躍と苦闘を描いて人気を博し、
真木よう子(28)の出世作にもなった。

午後11時枠にもかかわらず平均視聴率15・3%、
最終回は最高となる18・9%を記録し、
翌08年4月にスペシャルでゴールデンに進出した。

さらに、
2部構成映画「SP THE MOTION PICTURE」
として銀幕へ

昨年10月に封切られた前編「野望篇」に続く、
後編「革命篇」を盛り上げるため、公開1週間前の3月4、5日に
同局で2夜連続「SP」スペシャルの放送が決定した。

 注目は第2夜のスペシャルドラマ「SP 革命前日」で、
「革命篇」のプロローグとして新たに撮影された。

国会議事堂で大事件が起きる前日に焦点を当て
岡田、真木らが扮する警護課第四係のSPたちの様子や、
テロリストの動きなどをスリリングに描く。




スタッフ
監督: 波多野貴文
原案・脚本: 金城一紀

キャスト
岡田准一
香川照之
真木よう子
松尾諭
神尾佑
山本圭
堤真一



真也〜しんや | - | trackbacks(0) | pookmark | category:テレビ・映画
Home >> テレビ・映画 >> ケロロ軍曹人気アニメが3月末で最終回! 7年の歴史に幕

ケロロ軍曹人気アニメが3月末で最終回! 7年の歴史に幕

 地球侵略をもくろみながら、なぜかなじんでしまった宇宙人の姿を描いた
人気アニメ「ケロロ軍曹」(テレビ東京系)が3月末で終了し
7年の放送にピリオドを打つことが明らかになった。

同局によると充電のための休止といい、「再開は現在のところ未定ですが、
さらにパワーアップして戻って来られるように努力して参りますので引き続き
応援よろしくお願い申し上げます」とコメント。

なお、吉崎観音さんの原作マンガは継続するという。


「ケロロ軍曹」は吉崎さんが「少年エース」(角川書店)などで連載中の
ギャグマンガが原作。

カエルに似たケロン星人のケロロ軍曹と仲間たちは、
地球侵略の先兵として隠密行動を取っていたが、
ひょんなことから中学生の日向冬樹に捕獲されて居候することになり、
さまざまなドタバタ劇を繰り広げる。

04年に放送がスタートし、さまざまなアニメのパロディーが
盛り込まれたこともあって、子どもからマニアまで幅広い支持を集め、
劇場版も5作公開されている。

現在は毎週土曜午前10時に加え、追加要素を加えた「ケロロ軍曹乙」も
テレビ東京で毎週日曜深夜2時5分から放送されている。

 最終回はスペシャル版で、「ケロロ軍曹」が「史上最高の侵略スペシャル!!」
(3月26日放送)、「ケロロ軍曹乙」が「史上最長の侵略スペシャル!!」
(同27日放送)と題してそれぞれ時間を拡大して放送する。
真也〜しんや | - | trackbacks(0) | pookmark | category:テレビ・映画
Home >> テレビ・映画 >> 映画「ウォール・ストリート」上映開始!

映画「ウォール・ストリート」上映開始!

 冷酷非情なカリスマ投資家、ゴードン・ゲッコーの壮絶な生き様が世界に
衝撃を与えた伝説的名作ウォール街

それから23年。同作のオリバー・ストーン監督が再びマネー戦争の
内幕を描いたのが「ウォール・ストリート」だ。

 もちろん主演は「ウォール街」で
アカデミー主演男優賞に輝いたマイケル・ダグラス。



末期の喉頭がんを患い、抗がん剤と放射線による治療を受けている
彼の鬼気迫る演技に圧倒される。

 物語は、8年間の服役を終えて出所するゲッコーの孤独な心象風景から始まる。
7年後、成功した若きトレーダー、ジェイコブ(シャイア・ラブーフ)は、
勤務している投資銀行が金融界の黒幕による陰謀で突如破綻し、
父親のように慕っていた経営者が自殺したことに憤慨。

黒幕への復讐を果たすため恋人のウィニー(キャリー・マリガン)の父親である
ゲッコーに近づきある提案を持ちかける…。

 ニューヨークの街の陰影を株価チャートのようになぞるグラフィックスが秀逸。
まるでマネー戦争に巻き込まれる人間たちの欲望と運命をあぶり出しているようだ。


真也〜しんや | - | trackbacks(0) | pookmark | category:テレビ・映画
Home >> テレビ・映画 >> ディズニーの人気キャラ「くまのプーさん」が映画化!

ディズニーの人気キャラ「くまのプーさん」が映画化!

 ディズニーの大人気キャラクター、くまのプーさんの新作映画
『ウィニー・ザ・プー(原題)/Winnie the Pooh』がこの夏全米で
公開されることがわかった。

 オフィシャルサイト・ディズニーUKによると、本作は原作者であるA・A・ミルンが
書いた五つの話からインスパイアを受け、新たな作品として誕生したようだ。

公開されている予告編では、プーさんの仲間である、
ロバのイーヨーがどうやらしっぽをなくしてしまった様子で、
代わりにヨーヨーや傘を付けたりと、
ほのぼのとしたプーさんワールドを垣間見ることができる。

 またロイターによるとウォルト・ディズニー・アニメーション・
スタジオのジョン・ラセターは、2009年に本作製作を発表した直後に
登壇したイベントで、「正直に話すと、これまでの仕事の中で(本作が)
一番喜ばしい作品です」と思い入れのある作品であることを明かしたそうだ。

ラセターは1960年代に公開した初期の作品のような手画きタッチの
アニメーション制作を目指したそうで、古き良きアニメーションに期待が高まる。




真也〜しんや | - | trackbacks(0) | pookmark | category:テレビ・映画
Home >> テレビ・映画 >> 永作博美、米映画祭で最優秀女優賞獲得

永作博美、米映画祭で最優秀女優賞獲得

 昨年公開された映画「脇役物語」(緒方篤監督)でヒロインを務めた女優の
永作博美(40)が、米サンフランシスコ近くの都市・モラガで開催中の
「第13回カリフォルニア・インディペンデント映画祭」で
最優秀女優賞を獲得したことが2日、分かった。




 「たくさんの映画祭に参加していることは聞いていましたが、
まさか賞を頂けるとは想像していなかったので、びっくりです。
とにかく、うれしいです」と永作。

2007年の「腑抜けども、悲しみの愛を見せろ」での第32回報知映画賞の
助演女優賞など、国内受賞歴はあるが、海外からの朗報に喜びを見せた。

 各国の映画祭で、手応えを感じていたという緒方監督も
「コメディーをエネルギッシュに熱演する日本の女優さんが、
アメリカの業界の専門家から高く評価されたことは、
これまでに類のない絶賛すべきこと」とたたえた。



真也〜しんや | - | trackbacks(0) | pookmark | category:テレビ・映画
Home >> テレビ・映画 >> 「GANTZ」二宮和也不在もファンが殺到!

「GANTZ」二宮和也不在もファンが殺到!

 SF映画『GANTZ』が29日、公開初日を迎え、
舞台あいさつがTOHOシネマズスカラ座で行われた。

二宮和也(27)と俳優の松山ケンイチ(25)が主演する映画「GANTZ」
(佐藤信介監督)が29日、公開された。

30日には大阪・ミナミのなんばグランド花月前には撮影で使用した
小道具を展示するGANTZトレーラーが登場。

二宮らは不在にもかかわらず、約1000人の女性ファンが殺到した。

 映画は、死んだはずの人間が謎の黒い球体“ガンツ球”により召還されて
星人と戦う人気コミックが原作。

トレーラーには撮影で使用したガンツ球のほか、二宮と松ケンが着た黒いガンツスーツ、
武器のXガン、Yガンなどを展示、
PARTII公開の4月23日まで全国10カ所を回る。

 最初の巡回地となるNGK前には、先着500人に続編試写会やTシャツの
当たる抽選券が渡されることもあり、午前8時ごろから約200人の女性が集結。

券の配布が終わってもファンは集まり続け、到着式の行われる午前11時には
約1000人の行列が千日前道具屋筋商店街まで続いた。


真也〜しんや | - | trackbacks(0) | pookmark | category:テレビ・映画
Home >> テレビ・映画 >> 映画の興行収入が過去最高 3Dブーム後押し

映画の興行収入が過去最高 3Dブーム後押し

 日本映画製作者連盟(映連)は27日、2010年の全国映画概況を発表した。

アバターなど3D作品の大ヒットが相次ぎ、
邦画と洋画を合わせた興行収入(興収)の総額は前年比7・1%増の
約2207億円を記録し、過去最高だった04年(約2109億円)を上回った。

入場者数も1億7400万人を超え、1975年以降で最多となった。

 興収総額のうち、邦画の占める比率は53・6%で、
邦画が3年連続で洋画を上回った。

邦画は、公開本数が408本と前年から40本も減ったが、
堅調な人気を維持。興収は前年比0・8%増の約1182億円となり、
3年連続で最高額を更新した。

作品別では、スタジオジブリのアニメ「借りぐらしのアリエッティ」
(92億5千万円)が1位だった。




 洋画は、興収が前年比15・5%増の約1025億円。

社会現象にもなった「アバター」の156億円を最高に、
「アリス・イン・ワンダーランド」(118億円)、
「トイ・ストーリー3」(108億円)と、3D作品3本が100億円の大台を超えた。

 

デジタル化はさらに進み、
数年間は3D作品が映画業界をけん引する可能性がある。


真也〜しんや | - | trackbacks(0) | pookmark | category:テレビ・映画
Home >> テレビ・映画 >> ALWAYS三丁目の夕日」第3弾3Dで来年公開予定

ALWAYS三丁目の夕日」第3弾3Dで来年公開予定

 大ヒットALWAYS 三丁目の夕日映画シリーズの第3弾が
製作されることが19日、わかった。

タイトルは「ALWAYS 三丁目の夕日’64」。

来年公開予定で、シリーズで初めて3D作品として上映される。

 興行収入35億円の大ヒットを記録した05年公開の第一作
「ALWAYS 三丁目の夕日」、45億6千万円を記録した
07年公開のALWAYS 続・三丁目の夕日に続く3作目。

主な出演陣には,吉岡秀隆、堤真一、薬師丸ひろ子、小雪、堀北真希ら、
レギュラー陣が再集合し12日に撮影開始。
2作目の5年後となる1964年が舞台。

 過去2作と大きく異なるのは本格的3D作品となる点で、
米映画「アバター」と同じ「リアル3D」という手法がとられる。

 また、シリーズ中で1つの年にスポットが当てられるのも初めて。

東京五輪、東海道新幹線開通など大きなトピックがあった64年には
映像化のリクエストが多く、製作陣も「続編をやるなら64年を」
といった思いが強いことから、焦点を当てることになった。



真也〜しんや | - | trackbacks(0) | pookmark | category:テレビ・映画
Home >> テレビ・映画 >> 木村拓哉南極越冬隊員の主演で

木村拓哉南極越冬隊員の主演で

SMAPの木村拓哉(38)が10月スタートのTBS系
「南極大陸〜神の領域に挑んだ男と犬の物語〜」に主演、
第1次南極越冬隊員役を演じることが18日、分かった。

1983年の大ヒット映画「南極物語」で高倉健(79)が演じた犬ぞり隊担当の
隊員に設定が似た役柄だ。

南極に置き去りにされた樺太犬タロとジロの生還劇とともに、
日本を代表する映画スターの“当たり役”に挑む。



1957年2月から58年2月にかけて昭和基地に滞在した第1次南極越冬隊を、
実話に基づきオリジナルドラマ化。

木村が演じるのは副隊長で犬ぞりを率いる地質学者の倉持岳志役だ。

 「台本を読むたびに“熱く”なります。現場は恐ろしく寒いでしょうけど…」と
厳冬ロケを控える木村は、「内容、撮影ともインアクセシブル(接近不可能)な
領域に挑むことになるので、余計にワクワクする」と武者震い。

 同隊に焦点を当てた作品では、当時の国内最高配収記録を打ち立てた
83年公開の映画「南極物語」が有名だ。


主演を演じる木村拓哉


高倉が演じたのも地質学者で犬ぞり隊を担当した隊員役。

同作のリメークではないため役名や一部の設定は異なるが、
木村が健さんという“インアクセシブルな領域”に臨むといっても過言ではない。

 南極観測のため国家プロジェクトとして初めて南極に派遣された隊員は11人で、
19頭の樺太犬が犬ぞり隊として同行。

同隊が帰国の際、悪天候により犬たちを南極に置き去りにせざるを得なかった。

59年1月に倉持らが再び参加した第3次越冬隊がタロとジロの生存を確認。
この感動のエピソードが、ドラマのクライマックスとなる。
真也〜しんや | - | trackbacks(0) | pookmark | category:テレビ・映画
Home >> テレビ・映画 >> 「007」最新作の舞台はドバイに決定

「007」最新作の舞台はドバイに決定

 
英人気スパイ小説「007」シリーズの最新作の舞台が、
世界一高いビルがあることなどで知られるアラブ首長国連邦(UAE)
ドバイになることが17日明らかになった。


最新作「カルト・ブランシュ」は米国人作家ジェフリー・ディーバー氏が執筆、
5月に英国で発売される予定。



 ドバイで17日記者会見したディーバー氏は、摩天楼と独自の文化をドバイが
兼ね備えていることにひかれるとし「(原作者)イアン・フレミング氏が
生きていても、ドバイを舞台の一つに選んだと思う」と述べた。

 ドバイでは昨年1月、パレスチナのイスラム原理主義組織ハマス幹部が
暗殺されるスパイ小説さながらの事件もあった。

真也〜しんや | - | trackbacks(0) | pookmark | category:テレビ・映画